参拝・御祈祷

祈祷受付時間

午前9時から午後5時まで。(随時受付)

本殿正面右手で受付を致しております。
不在時は本殿右手の授与所か授与所前のインターフォンでお声がけ下さい。

予約について

基本的に本殿での祈祷の予約は不要です。
但し、事業所初詣等の団体参拝、出張祭(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・解体清祓・井戸祓・転居祓等)は予約が必要です。

お申し込み:電話 072-252-1089
      FAX 072-252-8293
      Mail omiya@mozu8.com

出張祭予約票ダウンロード ※FAXかメールで現場地図を添付してご送付ください。

駐車場について

無料駐車場。大型バス等乗り入れ可能です。
但し、秋祭りの際は交通規制があります。

詳しくはこちら▶

秋祭交通規制地図 ▶

所在地・地図

大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁706番地(連絡先:072-252-1089

詳しくはこちら▶

祈祷料

厄除・家内安全・交通安全 ・安産・商売繁盛・病気平癒・合格・その他祈願
5千円より
初宮詣8千円 
ご希望の方には、お喰い初め食器セットを4千円(別途)で授与致します。
団体参拝2万円より
地鎮祭等出張祭3万円より

初宮詣

初宮詣は、お子様が生まれて初めて神社にお参りし、誕生の報告と健やかな成長を祈念する儀式です。
地域によって異なりますが、当社は男の子は生後30日目、女の子は生後31日目でご案内しております。
あまり日数にこだわらず、30日、31日を過ぎた体調の良い日にご参拝下さい。

お喰い初めは、生後100日目、地域によっては120日目といわれています。

厄除祈願

数え年で「本厄」は男性が25歳,42歳、61歳、女性が19歳,33歳、37歳、
その前年が「前厄」、その後年が「後厄」になります。

厄年表 ▶

交通安全祈願

交通安全の祈祷を行い、自動車の清祓いを行います。

安産祈願

肌守りと腹帯を授与致します。

七五三詣

三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児が神社に参詣し、日々の無事を感謝し将来のご加護を祈念し子どもの成長を祝う儀式です。

詳しくはこちら▶

地鎮祭

建築工事や土木工事において、基礎工事に着手する前、その土地の神を祀って工事の無事を祈願する祭儀です。
現場に祭壇を組み神籬(ひもろぎ)を設けて、降神して祭儀を行います。 

事前に予約が必要です。

結婚式

現在、受け付けておりません。

人形・結納品等清祓

初穂料は2千円より。
但し、ガラスケース等はお受けできません。

初詣

1月1日

午前0時 歳旦祭

氏子役員の奉仕による初太鼓(大太鼓)を合図に参詣者を迎える。本殿内では新年の報告祭を斎行します。

1月2日

午前11時~12時 古式弓道射初式

1月3日

午前10時 珠算はじき初め式(於境内絵馬殿)

堺珠算協会主催で実施される。堺市の珠算教室の生徒たちが、珠算玉型の絵馬を珠算を模擬した絵馬かけに奉納し、珠算の上達を願います。
また はじき初めで は、パソコンを併用したコーナーを設けられ、一般の人たちも珠算を楽しむことができます。

1月15日小正月

午後2時 とんど神事

各家庭より持ち寄った古いしめなわ、わら 竹などで、とんどを組み立て、年間の無病息災 家内安全を祈願して焚きあげます。
※しめなわは飾りを全て外してお持ちください。(無料)
※1月16日以降は有料とさせていただきます。

七五三詣

受付時間 午前9時から午後5時

七五三詣は、男児の3歳と5歳、女児の3歳と7歳の年に神社に参詣してお子様の成長を報告し、日々の無事を感謝し将来のご加護を祈念し、子どもの成長を祝う行事です。
当神社においても、下記により七五三詣の祈祷を受け付けています。

祈祷料

5千円
但し、兄弟2名の場合は 9千円
兄弟3名の場合は1万2千円

七五三詣の期間

かつては11月15日前後が多かったのですが、最近は分散してお参り下さいますので、特に期間は定めておりません。

七五三詣の年齢

七五三詣りをするお子様の年齢は、一般に旧習により「数え年」で計算することが多いです。しかし、お子様の生まれ月によっては満年齢で考える方がよいことがあります。例えば、令和元年12月生まれのお子様は、令和3年11月には、まだ満1歳11ヶ月ですが、数え年では3歳ということになります。このような場合には、1年先に延ばすなど柔軟に考えていただいて結構です。

七五三詣の年齢のいわれ

3歳「髪置(かみおき)」
昔は3歳までは髪を剃っていました。「髪置き」の日から髪を剃らずに残すようになる慣わしがあったことに基づくものです。
5歳「袴着(はかまぎ)」
5歳になると袴をつけるようになる慣わしがありました。始めて袴を着用することを祝う儀式に基づくものです。
7歳「帯解(おびとき)」
「紐落とし」ともいいます。7歳になると着物の付け紐をとり、帯を使い始める慣わしがありました。帯を使用し始める年齢に達したことを祝う儀式に基づくものです。

七五三詣の解説と由来

子供の成長を祝う行事で一般に11月15日に行われます。近年は15日を中心に11月中に行われます。七五三と称することは近世に始まったことで、三歳の男女児の「髪置(かみおき)」、五歳の男児の「袴着(はかまぎ)」、七歳の女児の「紐落(ひもおとし)」として行われました。
髪置というのは、生児の髪は剃(そ)っているが、この日から髪を剃らずに残すことにすること。
紐落は「帯解(おびとき)」ともいい、それまで付け紐で着ていた着物を帯で締めるようにすること。
袴着は、「着袴(ちゃっこ」)ともいい、この日から袴を着用するようになること。
これらの祝儀は公家(くげ)や武家の間に主として行われたが、近世になると江戸の町民の間にも行われ、氏神に参詣するようになりました。

しかし七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてで、今日みるように子供に晴れ着を着せ、千歳飴(ちとせあめ)など買って帰ることが行われるようになりました。 
七五三の祝いをなぜ11月15日にするかといえば、この日が旧暦の28宿中の鬼宿(きしゅく)といわれる最吉日であるからといわれています。また俗説では徳川綱吉(つなよし)の子息徳松がこの日に祝いをしたからともいいます。
しかし本来11月は農作業が終わって霜月祭を行うときにあたり、15日は多くの祝祭日のある満月の日であるため、この日が子供の成長を氏神に祈願する日として選ばれたとも考えられています。

〈参考:小学館 日本大百科全書〉

※数え年とは

誕生日とは関係なく、生まれ年により計算する年齢です。
例えば、令和3年の場合、令和元年生まれのお子様は誕生日に関係なく数え年3歳ということになります。

七五三貸衣装

 11月中の土・日・祝日 限定 

七五三詣がお手軽になりました。

 普段着のまま神社へ起こしいただけます。

¥15,000円

写真:貸衣装のイメージ

ご利用の流れ

【電話予約】→【当日ご来社】→【衣装選び】→【着付け】→【写真撮影】→【御祈祷】→【お着替え】→【ご帰宅】

御祈祷料:5千円(本殿にて受付)
撤下品:御守、千歳飴、祈願絵馬、折り紙ケース、おもちゃ、お菓子など

【11月中の土 日 祝日 限定】

七五三貸衣装プラン 15,000円(衣装、小物一式、着付け)
 女の子ヘアセット 5,000円(かんざし無料レンタル)
※境内のみのご利用となります。
※お子様、お母さまの着付けのみも承っております。

要予約/フリーダイヤル 0120-753-809 (10月1日受付開始)

境内に写真館の特設スタジオ開設
 8ポーズ撮影料金 3,300円
 6ツ切りサイズ焼き増し料金 4,400円
予約不要(境内にて随時受付)
※貸衣装プランご利用の方は撮影料が無料になります。

写真:貸衣装のイメージ
写真:貸衣装のイメージ
写真:貸衣装のイメージ

フリーダイヤル 0120-753-809

受付時間 午前9:00~午後5:00

百舌鳥八幡宮社務所